販売士3級検定試験 受験要項

HOME>販売士3級検定試験 受験要項

販売士とは…

販売・接客技術はもちろん、販売促進に向けた企画立案や在庫管理、マーケティングにいたるまで、幅広く実践的な専門知識が身に付きます。流通・小売業をはじめ、業種・業態を問わず、顧客満足度を高めるノウハウを習得できます。

平成26年度 試験日程

■第76回 平成27年7月11日(土)
■第77回 平成28年2月17日(水)

受験料(税込)

■4,120円

試験内容

■3級のレベル
小売店舗運営の基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身に付け、販売業務を行うことができる。

■科目、時間、合格基準
各科目の得点の平均が70点以上。但し、50点に満たない科目がある場合は不合格となります。
【試験科目】小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理
【試験時間】100分
【合格基準】平均70点以上で、1科目ごとの得点が50点以上

試験の一部免除

■講習会や通信教育講座を修了した方に対しては、直後2回の3級試験における「販売・経営管理科目」の受験が免除されます。ただし、養成講習会は予備試験に合格した方、通信教育講座はスクリーニングを修了した方とします。
■(財)全国商業高等学校協会(全商協会)の主催による「商業経済検定試験」に合格した方に対しては、直後2回の3級試験において次の通り免除されます。



















全商協会商業検定試験
合格科目
日商販売士検定3級
免除科目
パターン1 ・ビジネス基礎
・マーケティング
(計2科目)
・マーケティング

(1科目免除、試験時間は80分)
パターン2 ・ビジネス基礎
・マーケティング
・商品と流通、国際ビジネス、
経済活動と法、ビジネス経済Aいずれか1科目
(計4科目)
・マーケティング
・販売・経営管理(2科目免除、試験時間は60分)

合格の認定

合格者には、合格証書と販売士認定証を交付致します。(販売士認定証は、資格更新時に必要になります。)
なお、希望者には合格章(バッジ)を実費(360円)で交付致します。

資格の有効期間

■販売士資格の有効期間は5年です。
更新を希望する方は、講習会・通信教育を履修し、申請することによって有効期間を更新することができます。

 

 

お申込み受付の方はこちらへ