平成29年度の取り組み

HOME>政策・事業>平成29年度の取り組み
平成29年度 室蘭商工会議所の取り組み

平成29年度、本所において取り組んでいる重点事業並びに主な事業概要につきまして、ご紹介いたします。

室蘭・伊達・登別商工会議所 広域経済開発懇談会を開催

室蘭・伊達・登別の三商工会議所では、広域連携の強化を図るため、経済問題や共同事業の推進などを検討する広域経済開発懇談会を例年持ち回りで開催しており、本年度は本所が主管となり、去る4月14日(金)、室蘭プリンスホテルで開催しました。

当懇談会は、昭和48年に第1回目を開催し、今回で58回を数えます。

当日は、本所の栗林会頭、中村・松永・石橋副会頭をはじめ、三会議所の正副会頭、担当正副委員長など29名が出席しました。

開会にあたり、栗林会頭は「昨年開業した北海道新幹線の効果をいかに当地域に波及させるかなど、広域的な課題への対応や政策提言に向け、三商工会議所がしっかりと連携し、取り組みを進めたい」と述べました。

懇談では、北海道新幹線開業にあたり、地域資源を広域的に連携させ、滞在型観光地としての魅力づくりへの調査・研究を行う「室蘭・伊達・登別魅力再発見プロジェクト」と「北海道新幹線連携会議」の平成28年度活動状況・29年度事業計画について報告があり、その後、7月7・8日(金・土)に室蘭市で開催される第67回全道商工会議所大会に提出する各商工会議所からの要望について審議しました。

本所からは「北海道新幹線札幌延伸に向けた地域振興の推進」など新規2項目を含む23項目、伊達からは「国道37号線(洞爺湖町、豊浦町地区)の整備について」の継続1項目、登別からは「JR北海道登別駅のバリアフリー化及び周辺環境の整備について」など新規2項目を含む12項目が提案され、計36項目(共同提案項目を含む)を審議し承認されました。

要望は第67回全道商工会議所大会に提出され、その後、国・北海道の関係部局に要望する予定です。

若手社員の早期戦力化に向けて新入社員セミナーを開催

本所では、去る4月25日(火)、室蘭市産業教育センターとの共催で「新入社員セミナー」を室蘭市市民会館で開催しました。

講師には、キャスターとして活動される傍ら、延べ2万人に研修・講演を実施し、2016年NTT電話応対コンクール全国大会の審査員も務められた、㈱ボウス専務取締役の鶴羽佳子氏をお招きし、社会人としての意識、マナーの意味、顧客満足、好感度アップのビジネス基本マナー、社会人としての言葉遣い、ビジネス電話対応、名刺交換のマナー、ビジネス文書のマナーなどについて講演していただきました。

当日は会員企業21社から27名の新入社員・若手社員の方々が受講し、講師の話に熱心に耳を傾けていました。

セミナーの中で、担当者不在時の電話対応を想定した実践練習では、受講者の多くが慣れない電話対応に戸惑っていましたが、グループごとに改善点などを確認し合い、ビジネスマンとしての対応に自信をつけていました。

受講者は「学んだことを業務に活かしたい」と笑顔で抱負を語り、仕事へのモチベーションを高めていました。