緊急事態宣言延長(9/13~9/30)に伴う「営業時短等要請」について情報登録日:2021年09月10日

 

北海道への緊急事態宣言が延長されたことに伴い、北海道庁からの飲食店等に対する営業時短等要請についてお知らせいたします。

※下記は石狩管内(札幌市を含む)、小樽市、旭川市を除く北海道内全域(室蘭市含む)への要請内容等です。

 

要請の概要

緊急事態宣言が延長されたことに伴い、北海道より飲食店等事業者の皆様に対し、営業時間短縮等の要請されました。
なお、全面的にご協力いただいた事業者には、支援金が支給されます(申請方法等の詳細は決まり次第掲載します)。

 

1.対象施設

〔飲食店〕
 飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店等(宅配・テイクアウトサービスを除く)
〔遊興施設〕
 キャバレー、カラオケボックス等で食品衛生法上における飲食店営業許可を受けている店舗
〔結婚式場〕
 食品衛生法上における飲食店営業許可を受けている結婚式場

2.要請期間

2021年9月13日(月)から2021年9月30日(木)までの18日間

3.要請内容

営業時間は5時から20時まで
酒類の提供(利用者による酒類の店内持込みを含む)は一定の要件*を満たした店舗においては
 5時から19時30分までできることとし、要件を満たさない店舗については、酒類の提供を行わない。
 *一定の要件について
  ・同一グループの入店は原則4人以内
  ・アクリル板等の設置(座席の間隔の確保)
  ・手指消毒の徹底
  ・食事中以外のマスク着用の推奨
  ・換気の徹底
  ・新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)及び北海道コロナ通知システムの活用の呼びかけ
  ・滞在時間の制限(2時間程度を目安)などにより同時に多数の人が集まらないようにする
  ・店内では大声での会話を避けるよう注意喚起を行う(黙食~食事は静かに、会話はマスク~の実践)
  ・業務開始前に検温を行うなど従業員の体調確認を行う
③飲食を主として業としている店舗等では、カラオケ設備の利用を行わない
「業種別ガイドライン」「感染防止対策チェック項目」など次の感染防止対策を実施する。
  ・従業員への検査推奨
  ・入場者の整理・誘導
  ・発熱その他の症状のある者の入場の禁止
  ・手指消毒設備の設置
  ・事業を行う場所の消毒
  ・マスク着用その他感染防止に関する措置の周知
  ・正当な理由なくマスク着用等の感染防止措置を講じない者の入場の禁止(すでに入場している者の退場も含む)
  ・施設の換気を行う
  ・アクリル板等の設置又は利用者の適切な距離の確保等の飛沫感染防止に効果のある措置を講じる など

 

支援金

9月13日(月)から9月30日(木)の全期間において、要請にご協力いただいた事業者の皆様には、支援金が支給されます。

【支援金の概要】

◇中小企業・個人事業者:1店舗あたり45万円~135万円
◇大企業:1店舗あたり最大360万円

【店舗等へ掲示する休業や時短営業案内の参考例】

協力支援金を申請する場合は、要請期間中、要請に応じたことが分かるよう、休業や時短営業していることなどを店舗やホームページ、SNS等に掲示する必要があります。

・休業の案内      WORD /PDF

・時短営業の案内(酒の提供あり)   WORDPDF

・時短営業の案内 (酒の提供なし)  WORDPDF

 

詳細はこちら

https://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kks/kyuugyouyousei.html#202109130930_ippansochikuiki

 


お問い合わせ先

専用ダイヤル:011-350-7377
※受付時間 8:45~17:30