平成30年度の取り組み

HOME>政策・事業>平成30年度の取り組み
平成30年度 室蘭商工会議所の取り組み

平成30年度、本所において取り組んでいる重点事業並びに主な事業概要につきまして、ご紹介いたします。

室蘭・伊達・登別商工会議所 広域経済開発懇談会を開催

室蘭・伊達・登別の三商工会議所では、広域連携の強化を図るため、経済問題や共同事業の推進などを検討する広域経済開発懇談会を例年持ち回りで開催しており、本年度は伊達商工会議所が主管となり、4月25日(水)、伊達市のホテルローヤルで開催しました。

当日は、本所の栗林会頭、中田・松永・氏家副会頭をはじめ、三会議所の正副会頭、担当正副委員長など28名が出席しました。
開会にあたり、開催地である伊達の寿浅会頭は「国や道に対し必要な要望を進め、三市の地域振興を実りあるものにするため、三商工会議所がしっかりと連携し、取り組みを進めたい」と述べました。

懇談では、北海道新幹線開業にあたり、地域資源を広域的に連携させ、三市周遊観光プラン等の魅力発信を展開してきた「室蘭・伊達・登別魅力再発見プロジェクト」と「北海道新幹線連携会議」の平成29年度の活動状況・今後の方向性について報告があり、その後、7月に釧路市で開催される第68回全道商工会議所大会に提出する各商工会議所からの要望について審議しました。

本所からは「北海道新幹線の青函区間高速化に対応した物流機能の維持・増強」など新規2項目を含む23項目、伊達からは「北海道管理河川の改修と整備について」の新規1項目を含む2項目、登別からは「民族共生象徴空間の整備に伴う来場者の利便性向上について」の新規1項目を含む10項目が提案され、計35項目(共同提案項目を含む)を審議し承認されました。

要望は第68回全道商工会議所大会に提出され、その後、国・北海道の関係部局に要望する予定です。

室蘭工業大学就職担当教員等と同大学生採用予定企業との意見交換会・懇親会を開催

4月26日(木)、室蘭工業大学就職担当教員等と同大学生採用予定企業との意見交換会・懇親会を開催しました。

本意見交換会は、本所と室蘭工業大学との共催で行う「室蘭工業大学生を対象とした企業見学会・説明会」に先立ち、地元企業と室蘭工業大学採用担当教員との連携・交流を促進することを目的に企画し、平成23年度から取り組み始め、今年度で8回目の開催となりました。

この意見交換会並びに企業見学会までの一連の事業におきましては、平成27年〜29年の直近3年間で、7社16名の採用内定者が出ており、毎年、多くの企業にご参加いただいております。

今回の意見交換会には、市内企業8社14名と室蘭工業大学から9名の就職担当教員等が参加。室工大側からは学生の就職状況や希望先の他、卒業生の地元就職率の向上を図る目的で取り組みを進めている「COC+事業」についての説明があり、企業側からは会社の概要や、今年度の採用予定数等を説明し、地元就職に向けて情報を共有しました。

意見交換会終了後、懇親会を開催。地元企業と大学側双方の更なる情報交換や親睦を深め、盛会裡に終了しました。

コープさっぽろとの懇談会を開催

4月24日(火)、「生活協同組合コープさっぽろ室蘭出店に際しての協定に基づく懇談会」を開催しました。

当日は、生活協同組合コープさっぽろ側から伊藤室蘭地区本部長、中村室蘭地区本部組織統括、今野東むろらん店店長の3名、室蘭側からは協定を締結した各団体より、斉藤室蘭市商店街振興組合連合会理事長、山本室蘭消費者協会会長、堤室蘭市女性団体連絡協議会会長、沼田室蘭市町内会連合会会長・古澤東地区連合町会会長、本所松永副会頭・小林小売商業部会長他6名のほか、オブザーバーとして齋藤室蘭市産業振興課主幹が出席し、小林小売商業部会長の挨拶のあと懇談会に入りました。

生活協同組合コープさっぽろからは、「東町保育所へのよさこい会場の提供」や「室蘭市場からの仕入強化(前年度比134%)や地元企業商品の取り扱い強化」、小学生を対象にしたお仕事体験イベント「おしごとキッズ」などの地域貢献状況の報告がありました。

これに対し、地元側からは「室蘭市場を活用するメリット」や「今後の出店計画」、「新規取引を希望する際の窓口」などの質問のほか、6月にフェリーで結ばれる「宮古商品の取り扱い」について要望がありました。

最後に松永副会頭は「今後とも協定を遵守いただき、更なる地域の貢献にご尽力いただきたい」と述べ、懇談会は盛会裏に終了しました。

室蘭工業大学生を対象とした企業見学会・説明会を開催

5月24日(木)、「室蘭工業大学生を対象とした企業見学会・説明会」を開催しました。

本事業は本所と室蘭工業大学との共催で、市外や道外に就職者が多い同大学生に市内企業への就職促進を図ることを目的として、平成19年度より実施しており、今回で11回目の開催となりました。

「企業見学会」には、5名の学生が参加。㈱楢崎製作所では橋梁製作の現場、㈱キメラでは金型部品の加工作業、幌清㈱では製銑工程、㈱電材重機では実際に使用している大型クレーン見学を行いました。学生たちにとっては、実際の仕事場を肌で感じることができ、良い刺激となったようでした。

その後、同大学の多目的ホールにおいて、市内企業16社・学生8名が参加し、「企業説明会」を開催しました。

宮蘭フェリー就航 室蘭第1便訪問団による宮古市の視察を実施

宮蘭フェリー就航に伴い、記念すべき第1便(室蘭発宮古行)に乗船する訪問団を結成。岩手県宮古市への産業視察等を実施しました。

今回の訪問団には、本所中田副会頭をはじめとした役員議員に加え、伊達・登別商工会議所の役員議員や登別室蘭青年会議所のメンバーなど26名が参加しました。

◆両市で行われた入港・出港セレモニー
室蘭市、宮古市では、両市において乗船・下船客を歓迎する入港・出港セレモニーが行われました。

室蘭港フェリーターミナルで行われた室蘭市主催の第1便入港・出港セレモニーには、本所栗林会頭が出席。宮古市からの第1便にて来蘭された宮古商工会議所訪問団18名を率いる花坂会頭を握手と笑顔で歓迎。また、宮古港フェリーターミナルで行われた入港歓迎セレモニーでは、本所訪問団も歓迎を受け、本所中田副会頭が出席しました。

◆歓迎交流会
宮古港フェリー利用促進協議会主催による「室蘭第1便歓迎交流会」に出席。宮古側からは、岩手県、宮古市、観光文化交流協会、商工会議所、商工会、青年会議所など40名が参加。室蘭から、青山室蘭市長、金濱室蘭市議会議長、当訪問団など30名が出席しました。

来賓挨拶で本所中田副会頭は「フェリー就航後も、宮古商工会議所をはじめ、岩手県・宮古市、関係機関等との連携を一層強化していきたい。また東北圏の企業と、室蘭市の企業がビジネスに繋げ、ウィンウィンのネットワーク形成など、末永い経済交流を図り、宮蘭フェリー航路の永続的な維持を期待したい」と今後の抱負を述べました。

フェリー航路就航PR 顔出し看板を設置

6月18日(月)、宮蘭フェリー航路就航を記念し、本所と宮古商工会議所の共同で作成したPR顔出し看板を、本所栗林会頭の立会いのもと、室蘭港フェリーターミナルに設置しました。

看板は、踏み台を設置するなどして、子どもにも簡単に楽しんでもらえるよう作成。早速、フェリーターミナルに来ていた子ども連れのご家族が、顔をあてて写真を撮っていました。デザインは、室蘭市・宮古市・川崎近海汽船㈱様の協力のもと、フェリーに乗った「ボルタ」と宮古市のゆるキャラ「サーモンくん」から顔を出すもの。それぞれ、室蘭の夜景と、宮古の浄土ヶ浜を背景に、室蘭やきとりとウニという両市の特産品をアピールしています。

また、携帯電話のカメラをかざすと、両市の観光情報サイトにつながるQRコードが印刷されており、フェリーの乗船客をターゲットにSNSなどの波及効果など、室蘭発着両方の乗船客へ地域観光情報を発信できる仕組みになっています。看板は室蘭港フェリーターミナルの2階の待合スペースの窓側に設置していますが、組み立て式で持ち運びが可能となっており、今後、市内外や道外各地で行われるイベント等で活用する予定。

今後も室蘭市や各関係機関等と連携しながら、今回のPR顔出し看板や、PRグッズ等を活用し、市民の機運の醸成、また、フェリーの利用促進を図り、 本市の10年ぶりのフェリー航路開設を室蘭市全体で盛り上げていきます。

商工業対策に関する要望に係る進捗状況等の 説明懇談会を開催

6月8日(金)、室蘭プリンスホテルにおいて、本所からは栗林会頭、中田・松永副会頭、山田専務理事、山下政策委員長の他、役員・議員・常任委員など、室蘭市からは青山市長、小泉・東平副市長、関係部長の計49名が出席し、「平成30年度の商工業対策に関する要望に係る進捗状況等の説明懇談会」を開催しました。

栗林会頭より「地域の将来を見据えながら、行政と経済界が一丸となって、確実に課題解決に向けた取り組みを進めなければ」と挨拶し、青山市長は、「JXTGエネルギーの製造機能停止等の厳しい局面も迎えることから、商工業全般に渡る企業にやさしい街づくりを更に進めていくため、商工会議所との連携を密に図りながら、室蘭の将来のための施策をしっかり実行していきたい」と述べました。

その後、室蘭市側が、本所が昨年度要望した商工業対策について取り組み状況等を説明していただきました。栗林会頭からは「このたび国の地方再生コンパクトシティ事業のモデル地区に室蘭駅周辺地区が選ばれたことなどは、未来に向けて夢があり、ぜひ一緒になって地域のまちづくりや活性化に協力していきたい」と述べました。

3回目となる24時間滞在型フォトコンテスト 撮りフェスin室蘭2018を開催

本所と撮りフェスin室蘭実行委員会、室蘭市、室蘭観光協会は、市民有志とともに、撮りフェスin室蘭2018を7月7日(土)〜8日(日)に開催しました。

本イベントは、24時間という制限時間内に室蘭市内を自由に散策しながら、街の魅力を写真に収めていく滞在型フォトコンテストで、3回目の開催となる今回はあいにくの雨模様にもかかわらず、昨年の約1・5倍にあたる402名の写真愛好家が全国から集結し、1000枚を超える作品が提出されました。

■多彩なプレミアムスポット
開催中は、プレミアムスポットと称して、普段は入れない特別な撮影スポットの開放や、歴史的建造物の特別ライトアップ等が行われました。工場夜景や大自然絶景、街の賑わいなど室蘭ならではのテーマに基づき、プロ写真家によるレクチャーを受けながら市内を巡れるツアーが用意されたほか、例年要望の多かった企業構内に入れるツアーなども企画。 他にもカメラメーカー協賛による写真講座や、市内の市民グループによる歴史まち歩きなど、全14のプレミアムスポットが設定され、好評を博しました。

■盛り上がりを見せた作品講評
8日には、参加者による作品提出が終了した後、昨年同様、スペシャルゲストの写真家浅田政志氏とケント白石氏による作品講評・トークショーが行われました。
浅田氏は提出作品を紹介しながら、撮影者を指名し撮影のねらいや背景を軽快なトークで引き出し、会場は笑いに包まれていました。
続いてケント白石氏は、自身の名前を冠した「ケント白石賞」の候補作品を紹介しながら、その良さを解説。最終的に1枚を選び、賞品であるソニー製のカメラを受賞者に手渡していました。
なお、大賞・準大賞・入選作品については、審査員による審議で決定し、8月中旬に公式Webサイトで発表する予定です。

■イベントに花を添えた各種企画
イベント開催中は、運営本部となった 道の駅「みたら室蘭」周辺で、たたら製鉄 の実演や、室蘭やきとり等の露店、運営本 部内に設けられた写真プリント体験コー ナー等が行われ、各々多くの参加者で賑 わっていました。
街場では、中島地区の飲食店有志によ る「鶏フェス」も同時開催。参加各店が自 慢の「鶏」料理を参加者に振る舞い、主に 市外からの参加者に好評でした。

■撮りフェス写真展、好評開催中!
7月14日(土)から8月15日(水)まで、旧室蘭駅舎で今回提出された全作品を展示する「撮りフェス写真展」を開催しています。
24時間の間に撮影されたとは思えない様々な室蘭の1コマをぜひ、ご覧ください。たくさんの皆様のご来場をお待ちしております。

〜宮蘭フェリー就航記念〜 宮蘭商談会・販売会を初開催

7月14日(土)、15日(日)、中嶋神社蓬崍殿を会場に、宮蘭フェリー就航記念事業として、岩手県宮古商工会議所主催(室蘭・伊達・登別商工会議所共催)によるビジネス商談会と一般市民への販売会「宮蘭商談会・販売会」を初開催しました。

◆商談会(ビジネス商談会)
初日は、岩手県宮古市をはじめ、近隣の山田町、岩泉町、田野畑村から水産加工・菓子製造業者等、自慢の一品や新商品などを取り揃え参加した19社と、西胆振地域(室蘭・伊達・登別)から参加したホテル、スーパー等のバイヤー26社との商談会を開催しました。

開会セレモニーで、宮古商工会議所花坂会頭は「フェリー就航を記念としたこの商談会を通じて、宮古地域と西胆振地域の実践的なビジネスレベルでの産業連携を図り、両地域の繁栄を期待したい」と述べ、来賓の岩手県沿岸広域振興局小畑局長、宮古市産業振興部菊地部長、胆振総合振興局早苗副局長、青山室蘭市長と、主催者側の宮古商工会議所花坂会頭、本所松永副会頭、登別商工会議所木村副会頭によるテープカットで商談会がスタートしました。

商談会には、宮古地域の企業19社が出展し、西胆振地域のバイヤーが各ブースを回り、試食、味や食感等を確かめていました。参加したバイヤーからは、「良い商品をたくさん見つけた」「数社と商談が成立した」、また出展者からは、「多くのバイヤーの方々にPRできた」「早速、発注を受けた」という声がきかれるなど、活発な商談が行われ、取引に結びついた様子でした。また、商談会終了後には、出展者とバイヤーをはじめ、宮古地域から来蘭された岩手県沿岸振興局、宮古商工会議所、宮古市、山田町・岩泉町・田野畑村商工会の方々と、室蘭・伊達・登別商工会議所の役員議員や 青山室蘭市長との懇親会を開催し、今後の連携について意見を交わしながら懇親を深めました。

◆販売会(三陸宮古うんめぇもんフェア)
2日目は、同会場にて、一般市民向けへの販売会「うんめぇもんフェア」を開催。出展者は商談会に参加した19社で、自慢の商品を積極的にPR。訪れた市民は、目当ての商品を手に取り、次々と商品を買い求めていました。当フェアは、来場者への特典があり、先着385(ミヤコ)名に宮古地域の特産品のプレゼントをはじめ、宮古特産「塩蔵わかめ」の海藻まきや、宮古市の宿泊施設ペア無料宿泊券、地酒やウニなどの特産品が当たるじゃんけん大会など楽しい企画が満載で、会場には多くの方が来場し、終始賑わいを見せていました。宿泊券を当てた参加者は「夏休みにフェリーに乗って行きたい」と笑顔でコメントをしていました。

地元企業をPR! キャッチフレーズ決まる! 

地元企業の活用推進を目的 に、本所では、地元企業の受注拡大支援やPR支援 など、様々な事業を展開しております。その取組みの一環として、室蘭市内並 びに室蘭市外向けに、室蘭の「商品・サー ビス・店舗・事業所・技術」等を積極的 に愛用(活用)したくなるようなキャッチ フレーズを公募し、厳正なる審査の結果、 市内・市外向けキャッチフレーズの大賞 と特別賞を決定しました。(応募総数 市 内向け184作品、市外向け186作品) 皆様からたくさんの応募をいただき、誠にありがとうございました。

【市内向け】

◆大賞(1作品)
いいもの。たくさん。室蘭産。(室蘭信用金庫 須田慎也様)

◆特別賞(5作品※キャッチフレーズのみ掲載)
● 繋げよう未来へ!モノづくりの町「室蘭」
● 室蘭の いいもの 再発見
● 室蘭は カワル これから ワカル
● 伝えよう!食と技術のマチ むろらん
● 発見しましょう!室蘭の良いモノ いい所

【市外向け】

◆大賞(1作品)
鉄・自然・夜景が手をつなぐ港町室蘭!(芙蓉㈱ 清野久美様)

◆特別賞(5作品※キャッチフレーズのみ掲載)
● その技術力、この室蘭にあります!
● そうだ!室蘭に行ってみようか?
● 人づくり・モノづくり・未来を創る街・室蘭
● 発見しました!室蘭のいいモノ いいトコロ
● あたなの探しモノ、室蘭にありませんか?

キャッチフレーズを活用ください!
本所では、今回選ばれたキャッチフレーズをポスター・看板・ノベルティグッズ等に使用するほか、本所等が市内外で実施する各種事業やイベントなど幅広い場面で利用する予定です。地元活用の気運醸成に向け、会員企業様におかれましても積極的にご利用していただきたいと考えております。詳細はお問合せください。

青山市長に強く要請   2019年度の商工業対策に関する要望書を提出

9月11日(火)、室蘭プリンスホテルにおいて、室蘭市長宛に「2019年度の商工業対策に関する要望書」を提出いたしました。

本所から栗林会頭、松永・氏家副会頭、山田専務理事、山下政策委員長、各部会長等が出席し、室蘭市側から出席された青山市長、小泉・東平副市長、川島総務部長らに対し、要望内容を説明し、その実現について強く要望いたしました。

今回の要望項目は全部で62項目。その内、室蘭市への要望項目は39項目(新規5項目、一部新規17項目、継続17項目)、国・道への要望項目は23項目(新規2項目、一部新規4項目、継続17項目)となっており、各部会等における緊急度の視点からテーマを掲げ、最重点要望事項として23項目(室蘭市20項目、国・道3項目)を要望しております。

要望の内容につきましては下記のリンクからご覧ください。

2019年度の商工業対策に関する要望について

平成30年会員交流ゴルフ大会を開催                            〜北海道胆振東部地震災害支援チャリティー企画 を実施、日本赤十字社へ10万円を寄付〜

9月17日(月・祝日)に、会員交流ゴルフ大会・表彰式を開催しました。

本事業は、会員交流事業の一環として会員の健康増進と親睦交流を深めることを目的に例年実施。

ゴルフ大会には、20組76名が参加。室蘭ゴルフ倶楽部白鳥コースにおいて、7時30分よりout/inに分かれ順次スタート。会員事業所から職場やプライベートの仲間など3〜4名でチームを編成。個人戦とチーム上位3名のスコアで競う団体戦を行いました。ゴルフプレー後、中嶋神社蓬崍殿にて表彰式を開催しました。

災害支援チャリティー企画
先日発生した北海道胆振東部地震に伴い、近隣の各種大会やイベント等の自粛を理解しながらも、一方で、地元経済活動を縮小・ストップさせてはいけないという状況も考慮し、本大会を「地域を元気づける」そして「災害支援」として義援金を募るチャリティー企画を取り入れ実施。表彰式の中で、参加いただいた皆様から寄付を募り、多くの皆様よりご協力をいただきました。集まった寄付金は、本所からの寄付金と合わせ、平成30年北海道胆振東部地震災害義援金として日本赤十字社へ10万円を寄付いたしました。

「室蘭市立地適正化計画骨子(案)」「企業の雇用対策に関する調査結果」等の説明会を開催

10月11日(木)、室蘭プリンスホテルにおいて、「室蘭市立地適正化計画骨子(案)」「企業の雇用対策に関する調査結果」等の説明会を開催しました。

当日は、会員企業など28社33名が参加。はじめに、本所より、本年4〜5月に実施した「企業の雇用対策に関する調査結果」について報告。その後、室蘭市より、「室蘭市立地適正化計画骨子(案)」、「市役所本庁舎の建設地区」、「(仮称)総合体育館の建設地区」、「(仮称)環境科学館・図書館整備」について説明があり、参加者からは、「市役所本庁舎の建設地区の検討経過」などについて質問があったほか、「立地適正化計画の居住誘導区域外となる地域へ対応した施策が必要」といった意見があり、室蘭市は「今後検討していきたい」と回答しました。

今後も人材確保やまちづくりに関する情報を積極的に発信してまいります。

本所建設業部会主管事業 「ものづくり匠教室」を開催

10月20日(土)、中学生が製造工場や建設現場を見学し、ものづくりの体験を行う「ものづくり匠教室」を本所工業部会・建設業部会主管で開催しました。

同教室は、昨年に引き続き今年で2回目。ものづくり業界の次代を担う人材づくりに向けて、子ども達が様々な技能への関心や興味を持ってもらうことを目的に実施しており、本所が推進するキャリア教育の一環でもあります。

当日は、機械加工や産業機械等の製造を行っている永澤機械の工場を見学。同社の永澤会長(本所工業部会長)などが匠となり、製作体験であるベンチの脚となる鉄材の切断・穴あけ作業を行った後、市内の住宅建築現場で資材の特徴や家が建つまでの流れ等を大工の方々より説明しました。その後、室蘭工業大学へ移動し、藤川建設業部会長などが匠となり、ベンチの座面となる木材の切断やペンキ塗りなどの体験を行い、ものづくり業界の仕事の楽しさ、醍醐味を伝えました。

完成したベンチは、むろらん広域センタービル1階に設置され、多くの方々に利用されています。

室蘭地域商業活性化事業実行委員会「ブラックボード講習会」「中央街バル2018」を開催

今年度、関係機関と連携のもと、昨年度策定した「室蘭地域商業ビジョン」に基づき、中島地区と中央地区における商業振興に向けた取り組みを推進するため、「室蘭地域商業活性化事業実行委員会」を組織し、各種事業を展開しております。

同事業の一環として、去る11月5日(月)、中島商店会コンソーシアムにおいて、「ブラックボードPOP講習会」を開催しました。当日は、講師に㈱ピーオーピーオリジン沼澤拓也氏をお招きし、中島地区の小売店等を中心に10社17名が参加。

講習会ではマーカーの持ち方や文字の形、構成などについて学び、実際にブラックボードを書き上げました。参加者からは「少し難しかったが、コツをつかんだので、練習して店で活用したい」との声がありました。

11月27日(火)からは、中央地区において、「中央街バル2018」を開催しました。同イベントは、チケット制の「グルメ」・「お買い物」複合イベントで、11月27日(火)〜29日(木)は「街バル」として飲食店でチケットを使用し食べ飲み歩きし、11月30日(金)〜12月8日(土)は「あとバル」として小売店等でチケットを商品券として利用するものです。街バルに参加した市民からは「行ったことのない店にも気軽に入ることができた」「買い物で使えるのも助かる」「もっと参加店を増やしてほしい」などの感想が聞かれました。

今後も、商業活性化に向け、ホームページの作成や中島地区での街バル等についても実施していく予定です。

地元大型店へ元日営業自粛を要請

12月18日(火)、本所並びに室蘭市商店街振興組合連合会、連合北海道室蘭地区連合会、室蘭消費者協会、室蘭市女性団体連絡協議会、室蘭市町内会連合会の6団体は連名で、モルエ中島・イオン室蘭店に要請書を提出するなど、市内大型店等45店に元日営業自粛の要請(郵送を含む)を行いました。

昨今、政府では、ワークライフバランスの推進や労働生産性の向上等を目的として「休み方改革」・「働き方改革」を推進しています。室蘭では、平成16年元日より一部を除き、大型店において元日営業がな
されており、大型店の元日営業が、国民的課題である勤労者のゆとりある生活の実現、家族団らんへの影響並びに青少年の教育上の問題にも通じ、地元商店街の抱える問題を増加させるなど、地域コミュニ
ティ衰退の要因であるといった様々な観点から、各団体が問題意識を共有し地域全体の問題として元日営業自粛を求めています。

要請には、本所から北川小売商業副部会長、連合北海道室蘭地区連合会から日西会長らが参加し要請書を手渡しました。応対されたモルエ中島を運営する新日鐵興和不動産㈱室蘭事業所の鈴木所長は「元日営
業を予定しているテナントに対して、自粛の要請について伝えたい」とコメントされたほか、イオン室蘭店の澤店長は「要請の趣旨を本社に伝えたい」と回答されました。