2022年度の取り組み

HOME>政策・事業>2022年度の取り組み

2022年度 室蘭商工会議所の取り組み

2022年度、本所において取り組んでいる重点事業並びに主な事業概要につきまして、ご紹介いたします。

室蘭・伊達・登別商工会議所 広域経済開発懇談会を開催

 室蘭・伊達・登別の3商工会議所では、広域連携の強化を図るため、経済問題や共同事業の推進などを検討する広域経済開発懇談会を例年持ち回りで開催しており、本年度は登別商工会議所が主管となり、4月22日(金)、登別市の登別グランドホテルで開催。
 当日は、本所の栗林会頭、中田・松永・山田・篠原副会頭をはじめ、三会議所の正副会頭、担当正副委員長など28名が出席。
 議案は、6月30日に旭川市で開催される予定の第70回全道商工会議所大会に提出する各商工会議所からの要望について審議。
 本所からは「北海道における洋上風力発電事業の推進と室蘭港の拠点化等に向けた支援」の新規1項目を含む22項目、登別からは「新型コロナウイルス感染症流行の終息宣言後における観光産業の振興について」、「JR北海道登別駅前周辺環境の整備について」等の8項目、伊達からは「国道37号の整備(末永町〜舟岡町地区の渋滞緩和対策)について」、「道道伊達紋別停車場線の歩道のバリアフリー化(道道南黄金長和線〜国道37号)について」等の5項目が提案され、計35項目(共同提案項目を含む)を審議し承認された。
 その他、「マイクロツーリズム誘客等に向けた取り組み」等の三会議所の連携事業計画の協議や、ウクライナ問題の影響に関する対応等について、広域的な情報共有等も図りました。
 要望は第70回全道商工会議所大会に提出され、その後、国・北海道の関係部局に要望する予定です。

新型コロナウイルス感染症対策実施をアピール                        2022年度むろらん安心宣言事業

 本所と市内商店街・飲食店組合等で構成する「むろらん安心宣言事業実行委員会」では、昨年度に引き続き、今年も新型コロナウイルス感染症対策を支援する「むろらん安心宣言事業」を実施します。

■ 対策実施をアピール!
 むろらん安心宣言事業では、新北海道スタイルに基づく感染対策を実施している事業所・店舗(全業種)を対象に、「安心宣言ステッカー」を提供するとともに、公式WebサイトでのPRや、新聞広告の掲載等を通じて、広く市民に周知し、利用を呼びかける活動を実施中。

■ 飲食店の第三者認証取得をサポート
感染症対策を実施する店舗を北海道が認証する制度(第三者認証制度)への登録を検討する飲食店等に対しては、本所経営指導員等が店舗を訪問し、申請書の作成から、対策項目の事前チェックまでワンストップで相談をお受けする、「第三者認証サポート」を実施。
 第三者認証を取得すると、お客様への安心のアピールになるほか、今後緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用となる場合に、営業自粛要請等の制限が緩和される見込みですので、認証取得がまだの事業所様は是非お気軽にお問合せください。

建設業部会・工業部会 若手人材の確保に向けた 「ものづくり企業紹介パンフレット」を作成

 建設業部会・工業部会では、合同事業として、室蘭市に事業所を構えるものづくり企業の業務内容や採用に関する情報を掲載した「ものづくり企業紹介パンフレット」を作成しました。
 同パンフレットは、若手人材の採用を希望する会員44社のものづくり企業が掲載されているほか、市外学生やUターン等を希望する方たち向けに、室蘭の住みよさなどの市内情報やものづくり業界で働く先輩からの声などを掲載しており、就職希望者が、「室蘭に就職しよう!」「ものづくり業界に進んでみよう!」という気持ちになる内容です。また、表紙・裏表紙には、室蘭市内を被写体 として、自由に散策しながら写真に収めていくイベント「撮りフェスin室蘭」の写真を使用し、室蘭の魅力をアピールしています。
 同パンフレットは、市内の高校、専門学校、室蘭工業大学、市外の専門学校・大学等にも配布しているほか、本所のホームページにも掲載。就職イベント等でも活用し、今後の就職活動を控える学生等が、室蘭での就職に関心を持ち、多くの方の地元就職につながるようPR活動をおこなっていきます。

新入社員セミナー2022を開催

 本所・室蘭市産業教育センターでは、去る4月25日(月)、室蘭市市民会館において、市内会員企業の新入社員等を対象にした「新入社員セミナー2022」を開催し、会員企業13社から21名が受講しました。
 今回、講師を務めていただいたのは、キャリアコンサルタントの資格を持ち、全道の学校や企業・自治体におけるセミナーの開催や外国人の就職支援など幅広く活躍されている上田菜香氏(ブラン・ジュテ 代表)が担当されました。
 セミナーでは、社会人としての言葉遣いをはじめ、お客様への対応・名刺交換や電話対応、メールマナーなどを中心に解説。受講者が実際にペアとなり、自己紹介や名刺交換をしながら講師のアドバイスを受け、社会人として大切なビジネスマナーについて学んでいました。午後からは、グループワークを行い、正しい言葉の使い方について頭を悩ませながら、参加者同士が意見を交換し合い、改めてビジネスマナーの必要性を確認しました。
 受講者はメモをとるなど熱心に耳をかたむけ、仕事へのモチベーションを高めていました。

2022年度 公共工事等に関する 説明・懇談会を開催

 5月31日(火)、室蘭プリンスホテルにおいて、建設業部会主管事業として「公共工事等に関する説明・懇談会」を開催し、同部会の役員・議員等18名が参加しました。
 説明者として室蘭市都市建設部土木課、建築管理課、都市政策推進課、経済部産業振興課の担当の方々に出席いただきました。
 説明会では「2022年度の主な公共工事」については、主な事業とその事業内容の説明、「都市建設部関連事業」については、空家対策事業や空家活助成金の説明、「経済部関連事業」については、企業誘致に関する情報や人材確保に向けた支援メニュー、その他補助金などについて説明をいただきました。説明後には、今後の業界発展に向けて、意見交換が行われました。