2023年度の取り組み

HOME>政策・事業>2023年度の取り組み

2023年度 室蘭商工会議所の取り組み

2023年度、本所において取り組んでいる重点事業並びに主な事業概要につきまして、ご紹介いたします。

第2回議員総会を開催 2023度事業計画・予算を決定

 2022年度の補正予算や2023年度本所事業計画・収支予算などを審議する第7回議員総会を3月30日(木)、室蘭プリンスホテルにおいて開催。
 当日は中田会頭をはじめ、松永・篠原・山下・髙柳・菅原副会頭、山田専務理事の他、監事、議員計51名が出席し、各議案を慎重に審議した結果、人事案件や部会・委員会活動等の41件の報告事項の他、2会計の補正予算、2023年度事業計画、収支予算等いずれも原案どおり決定しました。また、今回の総会では、昨年の議員改選におきまして中田会頭の所信で発表されました議員活動の強化等を目的として設置する議員会に関する案件も上程され、原案通り決定。
 総会後には、本所役員・議員を対象に多年にわたり本所の事業活動に特段のご尽力をいただいている功績を称え、表彰規則に該当する10社の方々へ感謝状並びに記念品の贈呈が行われ、また、合わせて永年勤続の表彰規程に該当する職員5名へ表彰状の授与を行いしました。 

室蘭・伊達・登別商工会議所 広域経済開発懇談会を開催 〜全道大会提出議案等を承認〜

 室蘭・伊達・登別の3商工会議所では、広域連携の強化を図るため、経済問題や共同事業の推進などを検討する広域経済開発懇談会を例年持ち回りで開催しており、本年度は本所が主管となり、4月26日(水)、室蘭プリンスホテルで開催。
 当日は、本所の中田会頭、松永・篠原・成田・山下・菅原副会頭をはじめ、3会議所の正副会頭、担当正副委員長など27名が出席。
 開会にあたり、開催地である本所の中田会頭は「ビヨンド・ナウ、現下の経済状況を乗り越え、当地域経済の更なる振興を図り、より持続可能性を高めていくために、当面はコロナ禍からの復活を目指し、3会議所の連携を強化していかなければならない」と述べました。
 議案は、7月1日に苫小牧市で開催予定の第71回全道商工会議所大会に提出する各商工会議所からの要望について審議し、本所からは「室蘭フェリー航路の安定運航と宮古航路再開に向けた支援」、「地元企業等の意向を踏まえた室蘭工業高等学校の学科編成」等の新規4項目を含む25項目、登別からは「観光産業の振興について」、登別市観光交流センターを中心とした登別東地区の整備について」等の9項目、伊達からは「北海道縦貫自動車道の優先整備区間(登別室蘭IC〜伊達IC間)の早期事業化」、「北海道電力(株)伊達発電所の運転休止に伴う地域振興について」等の6項目が提案され、計40項目(共同提案項目を含む)を審議し承認されました。
 そのほか、「マイクロツーリズム誘客等に向けた取り組み」や、「北海道新幹線札幌延伸開業に向けた影響調査並びに対策に関する調査研究」等の3会議所の連携事業計画の協議を行いました。
 要望は第71回全道商工会議所大会に提出され、その後、国・北海道の関係部局に要望する予定です。

新入社員セミナー2023を開催

 本所・室蘭市産業教育センターでは、4月28日(金)、室蘭市市民会館において、市内会員企業の新入社員等を対象にした「新入社員セミナー2023」を開催し、会員企業15社から25名が受講した。
 今回、講師を務めていただいたのは、キャリアコンサルタントの資格を持ち、全道の学校や企業・自治体におけるセミナーの開催や外国人の就職支援など幅広く活躍されている上田菜香氏(ブラン・ジュテ 代表)が担当。
 セミナーでは、社会人としての言葉遣いをはじめ、お客様への対応・名刺交換や電話対応など演習を交えながら確認しました。また、社会人として大切なビジネスマナーについて学ぶとともに、今回は、社会人としての“お金"の知識について学ぶ「マネー研修」を実施し、給料の仕組みや税金関係、社会保険等についても学び、セミナー後半では、グループワークを行い、正しい言葉の使い方などについて頭を悩ませながら、参加者同士が意見交換し、改めてビジネスマナーの必要性を確認しました。 

第1回議員会を開催

 6月2日(金)、室蘭プリンスホテルにおいて、第1回議員会を開催しました。
 当日は、伊藤会長、北川・永澤副会長のほか、監事、議員計38名が出席し、3月に行われた発会式において、正副会長に一任となっていた、顧問・幹事の人事について選任報告がされたのち、室蘭市長 青山剛氏をゲストに招き、4期目の公約と抱負について熱く語っていただきました。
 また、議員会終了後には懇親会を行い、所属部会の垣根を取り払い、議員同士の横の繋がりを強化するために、議員会の今後の活動内容や運営方法など、議員会ならではの取り組みについて、懇談しました。 

撮りフェス in 室蘭2023を開催

 本所と室蘭市、室蘭観光協会、市内企業や市民有志でつくる「撮りフェスin室蘭実行委員会」では、7月15日(土)から16日(日)にかけて、第8回目となる24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2023」を開催しました。今年は、258名が参加し、約570枚の作品が提出されました。
 「撮りフェスin室蘭」は、史上初の24時間滞在型フォトコンテストとして2016年に第1回目を開催。以降毎年開催しておりましたが、2020年と2021年はコロナ禍に配慮し、密を避けるために2ヶ月間ロングランの特別ルールで開催しておりましたが、昨年からは本来の24時間滞在型での開催となりました。今年は、新たな試みとして、撮りフェス開催前日の14日(金)に、参加者と写真家の方々が交流をする前夜祭を開催し、参加した写真家の紹介や参加者同士でカメラや写真に関する情報交換をするなど、親睦を深めていました。
 15日(土)の正午より本部会場となる室ガス文化センターにて、開会式を開催し、参加者は順次、撮影に出発しました。
 本部会場には、受付カウンターのほかにもレンズフィルターの紹介ブースや、恒例となったオリジナルグッズコーナーも設置。グッズコーナーで購入した撮りフェスTシャツを着て撮影に向かう姿も見られました。
 参加者からは、「撮りフェスには毎年参加しているが、前夜祭で写真家の方や参加者同士の交流ができ、普段撮る写真の情報交換などができたことが自分の写真の幅を広げられた」「初めて参加したが、24時間では撮りきれないほど、多くの素材が室蘭にはある」等の声が聞かれ、好評のうちに幕を閉じました。

室蘭商工会議所・一般社団法人登別室蘭青年会議所 地域活性化に関する連携協定を締結

 8月21日(月)、本所と(一社)登別室蘭青年会議所(以下、登別室蘭JC)は「地域活性化に関する連携協定」を締結いたしました。
 この協定は、両者が室蘭市における地域の一層の活性化等に資するため、地域の課題解決に向けて行うまちづくり(地域活性化)・ひとづくり(人材育成)に関して、それぞれが持つ資源・機能等の活用を図りながら、協働して事業を推進することに合意し、締結したものです。
 締結式には本所からは、中田会頭、菅原副会頭、今野経営支援・人材育成委員会委員長、山田専務理事が、登別室蘭JCからは、及川理事長、川田専務理事、松岡地区大会実行委員長が出席。
 締結にあたり、中田会頭は「青年会議所の若さと機動力、商工会議所の経験を活かし、協働で地域活性化に取り組みたい」と決意を述べ、及川理事長は「この協定が、青年会議所の目指す『明るい豊かな社会』の実現に寄与すると確信している」と展望を述べました。

2024年度の商工業対策に 関する要望書を提出

 9月7日(木)、室蘭市議会第1会議室において、室蘭市長宛に「202
4年度の商工業対策に関する要望書」を提出いたしました。
 当日は、本所から中田会頭、松永・篠原・山下・高柳・菅原副会頭、山田専務理事、野田政策委員長、各部会長等が出席し、室蘭市側から出席された青山市長、白熊副市長ほか市理事者らに対し、商工業対策に関する要望内容を説明し、その実現について強く要望いたしました。
 今回の要望項目は64項目。その内、室蘭市への要望項目は37項目(新規1項目、一部新規14項目、継続22項目)、国・道への要望項目は27項目(新規6項目、一部新規7項目、継続14項目)となっております。
要望策定に関しては、本所が提案している「企業にやさしい街づくりに向けた提案書」及び「中田会頭事業基本方針」の趣意に沿い、「住み続けたいまち室蘭」の実現へ要望項目を整理し、先日実施した「経営状況・今後の事業ニーズ調査」の結果などの企業の生の声を反映させ、取りまとめました。
 また、同日、同要望書の内容等をテーマとした室蘭市議会との懇談会を開催。本所からは、正副会頭・政策委員長・各部会長・各委員会委員長などが出席し、要望事項等について意見交換を行いました。

 

 「2024年度の商工業対策」に関する最重点要望項目

本所白寿「創立 99 周年」記念事業のお知らせ (中島地区再生プラン実証事業)

 本所では、昨年度策定した「中島地区再生プラン」の実証事業として、地域活性化に向け、多世代が街なかに集う・回遊性を高める・若い世代へのキャリア教育の推進などを目的に、本年度は、本所白寿(創立99周年)記念として様々な事業・イベントを展開しております。
 今回は3つの記念事業のお知らせをします。

■「まちなかキャンパス」を開催
 10月28日(土)・29日(日)の2日間、室蘭工業大学と室蘭市教育委員会の後援のもと、中島町にあるサンプラザビルの空きテナントを活用した「まちなかキャンパス」を開催しました。
 本イベントは、主に小中学生を対象に、室蘭工業大学生を講師とし、まちなかでの「学び」と「交流」の場として、午前中は科学実験室、午後はeスポーツを行い、両日延べ82名が参加しました。
 「科学実験室」では、機械工学に使われている仕組みで厚紙のパーツを組み立てる「動くおもちゃ」の製作をはじめ、スライムづくり体験や段ボール空気砲体験など科学について「学び」ました。
 「eスポーツ」では、ニンテンドースイッチのマリオカート8を利用し、小中学生の子どもたちが、室蘭工業大学生や地元に住むお兄さんやお姉さんと対戦をしながら「交流」を楽しみました。
 参加者は、普段接点がない多世代との交流と学びを楽しみ、小中学生の保護者等からは、「子どもが楽しく様々な体験をさせてもらい嬉しい」「来年以降も開催してほしい」といった声が多く寄せられるなど、会場は終始賑わいを魅せておりました

■「らんらんバス」の運行
 10月13日(金)、11月11日(土)・15日(水)の3回にわたり、道南バス(株)のご協力のもと中島地区限定で、年齢問わず乗車でき、地区内を周遊できる「らんらんバス」を運行しました。
 このバスは、徒歩による街巡りが困難な高齢者はもちろん、お買い物やお出かけ、親子での試乗など、どなたでも無料で気軽に地区内を移動できる特別運行となっており、これまで運行した3回で111名の方々にご乗車いただきました。  
 次回は、12月15日(金)の運行で最終回となります。
 本所ホームページ(左記QRコード)で、運行ルートやダイヤ等をお知らせいたしますので、ご確認のうえ、ぜひご利用ください。

■12月1日からスタート 中島ぐるぐるスタンプラリー開催中
 12月1日(金)〜12月31日(日)の期間、中島地区を巡る「中島ぐるぐるスタンプラリー」がスタートしました。   
 参加は無料で、どなたでも参加が可能です。参加方法は、スマートフォンにデジタルスタンプラリーアプリ「COCOAR」をダウンロードし、「きらん」と「中島商店会コンソーシアム」に用意する「なぞときの書」のヒントを基に、中島地区で謎解きに挑戦。答えとなるスポットを探し出し、同アプリ内のカメラで撮影することでデジタルスタンプを集めます。
 6カ所で6個のスタンプを集めて応募すると抽選で特賞として1名様に「ニンテンドースイッチ」、2名様に商品券1万円分が当たるほか、30名様に「いいもの。たくさん。室蘭産。」むろらん推奨品が当たります。さらに、「なぞときの書」には、参加者全員が、市内対象店舗で使える特典クーポンが付いており、店舗独自のサービスが受けられました。
(イベントは終了しました)

本所白寿(創立 99 周年)記念 会員交流会を開催

 12月6日(水)、中嶋神社蓬崍殿において、本所白寿記念の会員交流会を開催し、本所会員事業所から約180名が参加しました。
 本交流会は、会員相互の親睦や新たなビジネスチャンスの発掘等を目的に、会員が気軽に参加いただける場として実施しており、今回は参加された皆様に地元のお店・商品を再発見してもらう企画やステージアトラクション、抽選会などを行いました。
 当日は、オープニングイベントとして海星学院高等学校書道部による書道パフォーマンスが行われ、中田会頭が所信として掲げている「人の進化・街の新化・絆の深化」の作品を披露しました。
 会場内では、会員事業所16社の特設PRブースにおいて、自慢の商品や新商
品などの展示・販売が行われ、参加者の皆さんに配布したお買物券を手に各ブースの前に行列を作るなど賑わいを見せていました。
 また、テレビ番組にも多数出演されているマジシャンG O さんのマジック
ショーを開催し、目の前で行われる数々のマジックに参加者は引き込まれ、驚きの声が上がっていました。
 交流会の最後には、恒例の大好評企画の抽選会を開催。「いいもの。たくさん。室蘭産。」むろらん推奨品をはじめ、特賞の青蘭フェリーペア往復乗船券、正副会頭や会員企業の協賛賞品など白寿記念として例年よりも豪華賞品を取り揃え、会場内は歓声と拍手で大いに盛り上がり、盛会裏に終了しました。

室蘭商工会議所・室蘭経済懇談会 2024年新年交礼会を開催 新年を祝い200名が参加!

 2024年1月4日(木)、室蘭プリンスホテルにおいて、本所並びに室蘭経済懇談会共催の新年交礼会を開催しました。
 当日は、4年ぶりに飲食を伴う形式で行い、本所並びに同懇談会の会員や関係団体、国会・道議会議員や室蘭市長・室蘭市議会議員、官公庁などから200名のご参加をいただきました。
 冒頭、1月1日に発生した令和6年能登半島地震で亡くなられた方々並びにその地震への対応中の事故で亡くなられた海上保安庁の航空機乗組員の方々へ追悼の意を示し、黙祷を行いました。また中田会頭より「地震の被害にあった地域の早期復興を願っている。義援金など含め一日も早く支援を行いたい」と協力を呼びかけました。
 交礼会開会にあたり、中田会頭は挨拶で、「新型コロナの5類への移行により、本市においても客船入港や各種イベントが再開され、賑わいを取り戻しつつある。特に昨年は、本所白寿(創立99周年)記念事業として会員企業や関係各位の協力のもと、中島地区再生プランの実証事業として各種イベント等を実施し、来街者の回遊に繋がるなど街の新化に向けた確かな一歩を踏み出した。本年11月で本所創立100周年を迎えるにあたり、商工会議所会員の皆様と共に大きな節目をお祝いしたい。また、記念事業などにより地域全体で大きく成長するとともに、地域経済を支え、商工会議所の真価を存分に発揮し、信頼・期待され必要とされる団体を目指してまいりたい」と今年の抱負を述べました。その後、来賓の青山室蘭市長からご挨拶をいただき、岩見室蘭経済懇談会副会長の献杯で懇談が始まり、参加者が新年
の挨拶を交わし、室蘭経済界の発展に向け語り合いました。
 当日の会場内には、この度の被災地支援として募金箱を設置し、94,500円の募金をいただき、石川県へお送りさせていただきました。

全国商工会議所観光振興大会2024 in 水戸 全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞において 「撮りフェスin室蘭」が特別賞を受賞

 2月21日(水)〜23日(金)、茨城県水戸市で開催された全国商工会議所観光振興大会2024in水戸において「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」の表彰式が行われ、今回、本所と室蘭市、室蘭観光協会、市内企業や市民有志でつくる撮りフェスin室蘭実行委員会が実施するイベント「撮りフェスin室蘭」が特別賞を受賞しました。
 当表彰は、日本商工会議所主催で、地域資源の掘り起こしと活用、人的資源の育成によるホスピタリティの向上などを通じた地域の観光振興について、地域の個が光り、ほかの商工会議所の模範となるような観光振興活動に取り組む商工会議所を顕彰するもので、今回で1
4回目となります。
表彰式では、大賞に選ばれた結城商工会議所(茨城県)をはじめ、5商工会議所が登壇し、本所からは、中田会頭が大きな拍手の中、表彰状を受け取りました。
 撮りフェスin室蘭は、室蘭市の工場夜景をはじめとする人工的な景観と北の大自然がつくりだす壮大な自然景観を生かした「24時間滞在型のフォトイベント」として2016年から開催しております。地域の資源を活用した誘客・滞在促進を図り、当実行委員会をはじめ、地元企業や大学生等のボランティア、商店街等と連携し、地域一体となった取り組みとその成果が高く評価されました。

むろらん推奨品PR・販売促進イベント 「らんドルのお店」開催

 3月31日(日)、モルエ中島イベントスペースにおいて、イメージキャラクターの「らんドル」が一日店長を務める「むろらん推奨品PR・販売促進イベント『らんドルのお店』」を開催しました。
 当日は推奨品として認定されている35商品の中から「やきとり伊勢広」、「母恋めし本舗」、「パティスリーブラン」、「ナニナニ製菓」、「オーク理容室」の5社に加え、広く推奨品を取り扱っている「室蘭観光協会」が協賛・出店し、お弁当、スイーツ、化粧品などを販売しました。
 店長の「らんドル」はむろらん推奨品カタログや、らんドルの缶バッジを配布しながら、来店者との写真撮影にも応じるなど盛会裏のうちに終了しました