’19年度の取り組み

HOME>政策・事業>’19年度の取り組み
'19年度 室蘭商工会議所の取り組み

'19年度、本所において取り組んでいる重点事業並びに主な事業概要につきまして、ご紹介いたします。

室蘭・伊達・登別商工会議所  広域経済開発懇談会を開催

室蘭・伊達・登別の三商工会議所では、去る4月16日(火)、登別市のホテル平安で広域開発経済懇談会開催しました。

当日は、本所の栗林会頭、中田・松永・氏家副会頭をはじめ、三会議所の正副会頭、担当正副委員長など26名が出席。開会にあたり、開催地である登別の木村会頭は「国や道に対し必要な要望を行い、三市の地域振興を図るため、三商工会議所でしっかりと課題を共有し、より良い地域づくりを進めていきたい」と述べました。

議案は、6月29日に千歳市で開催される第69回全道商工会議所大会に提出する各商工会議所からの要望について審議しました。

本所からは「地域の基幹産業企業の事業縮小・撤退における地域経済への影響に対する支援」と、「航空機産業参入にあたっての発注企業とのマッチング支援の強化」の新規2項目を含む23項目、伊達からは「国道37号線(洞爺湖町、豊浦町地区)の整備について」と、「北海道管理河川の改修と整備について」の2項目、登別からは「民族共生象徴空間の整備に伴う来場者の利便性向上について」や、「ホテル・旅館等建築物耐震化の促進について」などを含む10項目が提案され、計35項目(共同提案項目を含む)を審議し承認されました。

要望は第69回全道商工会議所大会に提出され、その後、国・北海道の関係部局に要望する予定です。